contact

理容師 美容師の違いって何? カミソリから規制緩和まで

理容師美容師の違いって?

理容師美容師ってよく聞くけど、その違いって説明できますか?

はっきりとした説明ってプロの理容師や美容師でしか出来ない気がします…。

そんな違いをプロの理容師である岩澤がご説明したいと思います。(理容師美容師について調べるといろいろな事わかってきました。)

 

 

 

今回のページでわかること一覧

  • ・理容師、美容師の違い
  • ・なぜ免許が分かれているの
  • ・理容師美容師どっちに私は切ってもらえばいいの
  • ・どっちがカット上手いの?
  • ・理容師美容師カットの違いって?
  • ・業界の規制緩和とパーマ
  • ・ダブルライセンス取得

 

  

 

 

理容師、美容師の違い

理容師、美容師の違いは資格の違いであり法律の違いです。

その理容師法、美容師法によって仕事内容が決まっているんです。

 

理容師法

第一条の二 この法律で理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう。

引用 理容師法

 

美容師法

第二条 この法律で「美容」とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。

引用 美容師法

 簡単に説明すると

  • ・理容師はカットとカミソリを使った顔そり(髭剃りシェービング)が基本の仕事ですよ。
  • ・美容師はパーマ(パーマに関するカット)、まとめ髪、化粧が基本の仕事ですよ。

 

というのが厚生労働省が決めた理容師法、美容師法です。

どっちも髪を切る仕事がメインで仕事をしているのに法律が違うから理容師、美容師って分かれちゃってるんです。

 

 

 

 

でもちょっと引っかかりませんか?

特にワード…。

パーマネントウエーブとか結髪(けっぱつ)とか。

けっ‐ぱつ【結髪】

1 髪を結うこと。また、結った髪。

IMG_3437 (1).JPG

引用 コトバンク

 

この理容師法、美容師法って昭和22年に出来た法律なんですよ(1947年)。つまり今から71年前に出来た法律。言葉が古い印象は納得。

理容師、美容師が法律で認められた1947年は理容師にとっても大切な年。それにしても歴史ある法律ですね。

 

髪の毛ってファッションと一緒で時代をうつしますよね。トレンドもあるし流行もあるし、その時代でやってきた髪型も違う。

懐かしい所でいえば聖子ちゃんカットとかソバージュ、ソフトモヒカン、バリアート、アシメツーブロックなどなど。

 

 

a0027_000977_m (1).jpg

 

 

 

なので昔からのイメージで

  • ・理容師のいる理容室→床屋→お客様男性
  • ・美容師のいる美容室→パーマ屋→お客様女性

という構図。

法律で出来る仕事が決まっているからお客様のすみわけも出来ていた昔。

 

お客様も

  • ・私は女性だからパーマ屋さんに行こう
  • ・僕は男性だから床屋さんに行こう

と決まっていました。

 

昔はこの構図でよかったけど、今はちょっと時代が変わってきてますよね。

  • ・男性でもパーマするし
  • ・男性でも美容室行くの当たり前だし

たくさんの美容室、理容室の中から私や僕に合ったヘアサロンを探して行きますよね。(そう、ボーダレス化がかなり進んでいるのです。)

 

ちょっと法律が時代に合っていないのかなと思うんです。(そこで法改正、規制緩和の波が理美容業界にも来るんです。詳しくは下記に)

 

 

 

 

 

なぜ同じ髪を切る仕事(職業)なのに分かれているのか?

70年も前の法律のままだからです。

今現状、この理容師美容師の資格で困っている一般利用者(お客様)ってほぼいません。だからそんなに議論にならないのだと思います。

 

世界を見ても髪を切る仕事の資格が日本みたいに理容師、美容師で分かれている国は日本ぐらいで他の国は免許や資格がない国まであります。

実は当たり前ではない「美容師免許」

a0800_000858_m (1).jpg

それぞれの国で免許の基準は異なります。しかし、実は美容師として働くのに免許が必要な国ばかりではないようです。

免許が必要な国は、日本、アメリカ、ドイツ、韓国など。アメリカの場合は州によって免許の基準が異なります。

対してイギリス、イタリア、オーストラリアなどは免許がなくても美容師として働くことができるのです。イギリスは美容業界最先端の国と言われていますが、美容師免許が不要なのは意外な気もしますよね。

引用 美プロ

 

 

確かに、イギリスやイタリア、オーストラリアの免許資格がないのはビックリですが、実際にはCity&Guildsが資格認定を受けている人が大半らしい。

 

logo.png

「City & Guilds(シティ アンド ギルズ)」はイギリスで設立された世界最大手の技能認定をおこなう組織です。

世界80カ国以上がCity & Guildsの技能認定システムを導入しており、「美容」の分野においてはヨーロッパやアジアほか、世界31カ国に導入しています。

 

引用 City&Guildsとは?

 

国で資格や免許を管轄してないけど、民間で技能認定をしてる所がバックアップしてるんですね。

やはりどこかで学んで資格を取っておくとお客様の信頼度も上がると思うし。

免許や資格を持っていなくてもお店出せるけど、技術のうまさや繁盛するお店サロンに出来るかは別物ってことですね。

海外お店

価格設定にも資格の有無って出てきそうです。City&Guildsなどでしっかり資格を取ったスタイリストさんは適正価格で料金をいただくだろうし、資格を取ってない人は安くほどほどの仕上がりで経営をしそうな予想がつきます。(ってことは明日から美容師になりますッてイギリスでは出来るって事。)

 

 

 

逆に、

理容師、美容師の免許資格が分かれていて困っているのは
  • ・理容師になるか美容師になるか迷っている学生さん。
  • ・美容室、理容室など、ヘアサロンを経営している経営者

です。

 

 

理容美容学生さんを目指している学生さんはどっちの免許をとればいいかわかりにくいですよね。髪を切るのは一緒なのに資格違う事でメリットデメリットもあるし、働けるサロン変わってきちゃうし…。

でも理容師を目指す学生さんは少なく、美容師を目指す学生さんが圧倒的に多いのが現状です。

 

 

過去五回の理容美容国家試験受験者数を見ると
理容師受験者数

3732人

美容師受験者数

24046人

 ※2013年から2018年の春、秋の国家試験受験者数

 

美容室の方が華やかだし、人気になると高収入、給料、年収1000万円も夢じゃないですし。

 

 

 

ヘアサロンの経営者なんてもっと大変ですよね。美容師も理容師もなり手が減ってきていてなおかつ法律で

 

  • ・理容師が働けるヘアサロンは理容室登録した理容室のみ
  • ・美容師が働けるヘアサロンは美容室登録した美容室のみ

って法律で決まってますから…。

雇いたい人材が少ない上に免許縛りって経営者大変…。(特になり手の減ってる理容室を経営する人求人募集に対しては頭を抱えてますたぶん。)

 

そう考えると、一般の髪を切ってもらうお客様は理容師でも美容師でもどっちでもよくて、そのスタイリストが上手くて自分の好みがわかってくれる技術者だったらいいわけです。

「私は理容師がイイから絶対理容師のいる床屋さんしか行かない!」なんて思う方たぶんいないですよ。

 

岩澤個人的には、お客様からしたら髪を切る人という同じ職業なので理容師美容師は統合してもいいのかなと思っちゃいます。

もちろん統合したら理容美容専門学校のカリキュラム大変になりそうだけど…。(カットと顔そりシェービングと着付けとマツエクとブライダルとメイクとごちゃ混ぜすぎる(笑))

 

 

 

 

 

じゃあ素朴な疑問で

私はどっちに切ってもらえばいいの?

って思いますよね。

 

これはそのスタイリストに切ってもらわないとわからないです。 (正直な話。)

でも今はネットの時代、理容室や美容室のサイトを見てお店の雰囲気を見てみたり、スタイリストさんのインスタやブログなどのSNSなどで得意なスタイルを見てみたりとスタイリスト側から発信がたくさんあるのでそれをみて判断するのもイイと思います。

 

カット以外の技術もセットでやってもらいたいって要望があると理容室や美容室が決まってくるかもです。

 

 

顔そり(シェービング)

理容師

マツエク

美容師

ブライダル

美容師

パーマ

どちらでも可

メイク

美容師

着付け

美容師

これも法律で決まっているのです。(ややこしい)

 

 

男性目線からするとプロ理容師のするカミソリを使った顔そり(髭剃り)サービスの有無が大きい?(カミソリ負けなんてしませんよ)

理容師=カミソリ=顔そり(シェービング)といってもいいぐらい理容師の専売特許。

レザー(剃刀)

美容師は基本的にカミソリ(剃刀)でする顔そりは出来ないことになっているので(例外あり)、男性が髪を切るときにまず思い浮かぶのは顔そり(髭剃り)やるかやらないかで理容師に切ってもらうか美容師に切ってもらうかを判断するのもありです。

シェービングは上手な理容師さんがやるとヒゲがそれてるだけではなく気持ちいいんです。リラックスできる時間。そして今の時代自分でもそれるヒゲを剃ってもらう贅沢感、たまりません。

 

今は電動カミソリやT字カミソリなどで自分でもヒゲを剃れる時代、メンズオンリーのbarber(床屋さん)でシェービングがいまだにサービスとしてあるのはそのリラクセーション効果があることの現われですね。

自分で剃れるヒゲを丁寧にサロンでサービスとして受けるのが男性はたまらないのかも。 

 

 

 

 

じゃあカットはどっちが上手いの?

という疑問も先ほどに同じく

「そのスタイリストに切ってもらわないとわからないです。」になります。

技術レベルはサロンや個人によってかなり差があるので一概に理容師が上手いとか美容師がオススメとか言えません。

 

ただ、得意な傾向として

  • ・理容師→男性メインのお客様
  • ・美容師→女性メインのお客様

という昔の名残が残っていて

メンズ(男性)の刈上げなどのベリーショートスタイルは理容師の方が上手そうだし、女性の柔らかい質感のパーマは美容師の方が上手そう。

そこもサロンのお客様比率で経験値が多いスタイルが得意になっていく傾向が強いです。

 

最近は美容室のメンズ市場の開拓が目覚ましくメンズがすごい得意な美容室が増えましたよね。

メンズ(男性)が得意な美容室を上げてみると

とかですかね。

 

 

今一番メンズサロンで勢いがあるのがOCEANさんだと思います。

「OCEAN TOKYO」を支える3人のトップスタイリスト

 オーシャン東京スタイリスト

引用 「髪型で人生変わる!」原宿発・美容室「OCEAN TOKYO」が超人気のワケ

オーシャントーキョーの勢いはすごくてメンズ美容室に一大旋風を巻き起こしているんです。

オーシャントーキョーの代表取締役の高木琢也さんは2018年にNHKのプロフェッショナル仕事の流儀に出演されてましたし。

この理容美容業界の方がNHKで特集されるのはプロとしてとてもうれしいことです。

 

 

 

 

理容師と美容師のカットの違い

カットの違いはボーダレス化が進んでいるヘアサロン業界、一言ではその違いを言い表せません。

ただ、理容師はショートスタイルのお客様が多く、レイヤーの多く入ったスタイルを得意としているのでトップから髪をカットすることが多く、美容師は髪が長いお客様が多いのでレングス(下から)から切る事が多い印象です。(かなりざっくり)

最近は美容師がメンズ市場に出てきて美容師さんがメンズカットめっちゃ上手いし、勉強してますよね。

理容師も女性客を取り込もうとボーダレスなお店が増えて、ユニセックスなナチュラルな作りの理容室が増えている印象です。

 

結局、働いているサロンのご来店されるお客さまの客層や性別で経験値が変わってくるところで求められるカットも変わってくるのだと思います。

 

 

 

専門学校で学ぶのは基礎の基礎。ざっくり言えば国家試験を合格するための授業がメインといっても過言ではない。

なので、就職したヘアサロンの経験値って技術者のうまさのバロメーターなんです

 

例えば女性客が95%のヘアサロンでメンズカットが上手くなる要素ってなかなかないですよね。逆に毎日女性客を技術、接客していれば嫌でも上手くなるんです。

理容室でメンズ100%のbarberで女性カットをいくら勉強してもお客様がご来店されなければ経験値を積むことはできません。なので旨くなれないんです。(メンズカットは毎日しているからめっちゃ上手くなると思いますが。)

 

お店の来店客性別でも、お店のカリキュラムの重点度って変化しますし。

メンズが多ければメンズ特化のカリキュラム増えるし、女性が多ければ必然的にカリキュラムは女性のトータルビューティーに重点が置かれるだろうし。

 

それぐらいカットの違いっていうのはサロンごとに違うので今のボーダレスな時代、難しい質問です。(ごめんなさい)

IMG_3711 (1).JPG

 

 

 

岩澤は理容師免許のみの取得なので、理容室で働いていた経験がとても多いです。でも最近は男性も女性もご来店いただける理容室も増えてきています。

そうすればカットと一緒にレディースシェービング(女性のうぶ毛剃り)とかがセットメニューでいっぺんに出来ますし、ニーズがあると思っています。理容師出身のスタイリストは女性のカットでもボブやショートスタイルが上手な人が多いと個人的な感想。

 

 

 

 

 

結局答えを決めるのはお客様なので、自分の好みのわかるスタイリストさんを見つけるのが幸せです。

正直、理容師さんでも美容師さんでも自分の髪を上手くカットしてくれれば免許はどっちでもいいのでは?と岩澤は考えます。

 

そして、免許がどっちでもいいのではと思う世論と理容師美容師と国(厚生労働省)の感覚のずれを解消してきたのが規制緩和なんです。

そう時代とともに法律も変わるように理容師法、美容師法も時代とともに変わってきてるんです。

 

 

 

 

 

 

理容師法美容師法の規制緩和でますます理美容の差がなくなってきてる現状

カットされるお客様にとってあまり関係のない理容師美容師の違いを規制緩和で感覚のずれを解消してきてますよ。

 

きせい‐かんわ〔‐クワンワ〕【規制緩和】

主に経済を活性化するために、政府や自治体が認可や届け出などの規制を緩めること。

引用 コトバンク

 

 

 この規制緩和を理美容師に当てはめてみましょう。

そうすると理美容師の規制緩和は2回のビックウエーブがありました。

  • 1. 1970年代の男性長髪ブームの時の業界パーマ論争
  • 2. 2015年、安倍総理のカットは違法?男性の美容室カット問題

 

結構複雑なので、わかりやすく、2回の大きい法改正(規制緩和)を知りたい人は下の表をご覧ください。

 

 

理容師から見た規制緩和の歴史

元々

パーマ論争

安倍総理カット

男性カット

男性カットパーマ

×

女性カット

女性カットパーマ

×

×

顔そり

 

美容師から見た規制緩和の歴史

元々

パーマ論争

安倍総理カット

男性カット

×

×

男性カットパーマ

×

女性カット

女性カットパーマ

顔そり

×

×

 

 

 

 

 

規制緩和のビックウエーブその1

業界がざわざわしたパーマ論争

最初の理美容業界ざわざわは1970年代にありました。

当時は男性アイドルがこぞって長髪にした長髪ブーム。

西城秀樹さんや野口五郎さん、郷ひろみさんなどみんな髪の毛長かったんです。しかもかっこよかった。

 

 

 

西城秀樹さん

西城秀樹さん

野口五郎さん

野口五郎さん 

引用 ミドルエッジ 1970年代男性アイドル・イケメン俳優

 

 そう、こんな感じで長髪でパーマ、パーマを当ててたんですよ!!

このパーマが美容師業界からすると床屋さんでパーマやるのずるいぞ~。って話が上がって

そしたら理容師業界からするとパーマ屋さんでも男性カットしてるじゃん!!って口論になったんです。

 

そこでその業界ざわざわのパーマ論争の決着は表のとうりで

  • ・理容師さんは男性パーマオッケーだけど女性パーマはダメよ
  • ・美容師さんは男性カットパーマはパーマ屋さんだからオッケーだけど、男性カットだけはだめよ

 

っていうちょっと無理やりな決着になったんです。

これが理美容規制緩和の一回目のビックウエーブ。

 

 

 

二回目のビックウエーブは安倍総理が美容室でカットしてるのが違法なんじゃないかっていうとばっちりを受けた美容室安倍総理カット規制緩和。

 

この時は社会の実態と理美容師法があまりにかけ離れていて安倍総理かなりとばっちりでしたね。

2015年にさらっと規制緩和で法改正でした。

 

  • ・美容室でも男性カットのみでもオッケーよ
  • ・理容室でも女性パーマオッケーよ

 

って時代に合った法律になっていってるんです。

もともと過当競争で分離して理容師と美容師の業務を分けて業界の安定を図っていたけど、やっぱり時代とともにその法律もあわなくなってくるのが普通なんですね。

結局髪を切る人(スタイリスト)に違う免許を作る時点でちょっと?です。

 

これからは規制緩和の波を受けて、ヘアサロン業界も理容室、美容室の垣根が低くなりサロンの打ち出すイメージや求めるお客様像をしっかり発信していかないとお客様と技術者のミスマッチがますます起きそうな時代です。

SNSやウェブサイトの発信力が重要度を増しますね。

IMG_1874.JPG

 

 

免許資格のダブルライセンス

規制緩和の波と同時に今度は理容師免許と美容師免許を二つ取得するダブルライセンスも取りやすく制度が改正されたんです。

今までもダブルライセンスを取得しているスタイリストさんっていたんですけど、その修業年が免除、軽減されていなかったのでめんどくさかったのがだいぶ簡単になった印象です。

 

 

現役理容師さんが美容師免許も取得する時の例

理容師昼間過程

美容師通信課程

合計

2017年まで

2年

3年

5年

2018年から

2年

1.5年

3.5年

※免除、軽減されるのは通信課程の年数と履修課目です。

 

詳しく書くと平成30年4月から理容美容専門学校に

  • ・理容師が美容師免許を取るための「美容修得者課程」コースが
  • ・美容師が理容師免許を取るための「理容修得者課程」コースが

新設出来るようになりました。

(各専門学校によってある所とない所があります)

その新設されたコースは最初の免許取得時に勉強した履修課目で同じ科目は勉強してるので免除しますよ。その分授業時間数も半分に出来ましたよ。

との事です。

 

それによってダブルライセンス取得を目指している人の二つ目の免許の国家試験の筆記試験は履修課目で同じ科目は免除、つまり筆記試験は技術理論だけ受ければよくなったんです。

かなり軽減されています。

その軽減は時間や履修課目だけではなく、学費にもいい影響を与えています。

ようは学費が安くなっているってことです。(2018年の理容修得者課程、美容修得者課程コース開設専門学校を見るとどこもかなり安い、コスパ良し)

 

 

 

ダブルライセンスのメリットデメリット

理容師免許、美容師免許を両方取得するダブルライセンス、メリットたくさんあります。

 

両方取得しているので出来る技術が網羅できる。

シェービング(髭剃り)、メンズショート刈上げ、マツエク、ブライダル、メイク、着付け、エステ、ネイルなどなど。もはやスーパーマンです。

特にシェービング(顔そり、うぶ毛剃り)とメイク、ブライダルの親和性は強く、ブライダルシェービングなどは理容師美容師ダブルライセンスで出来るニッチな仕事です。

メイクとシェービングも相性のいい技術で、顔のうぶ毛剃りをするとメイクののりがよくなるのはよく知られている事。

 

就職、求人、再就職や転職などサロンを変えるときにとても有利

今の理容師美容師業界は売り手産業なので、ダブルライセンス取得者は引く手あまたです。

特に大手の美容室では理容の免許も持っているダブルライセンス者を積極採用しています。(トータルビューティーのためのシェービング技術者を置きたいから。)

就職には絶対困らないと思います。

 

 

ダブルライセンスのデメリット

ダブルライセンスのデメリットは費用と時間です。

シングルライセンス時はどこかのサロンで働いているのが普通と考えると、働きながら通信課程で二個目の免許を取るというのはやはりデメリット、負担です。

過程が免除や軽減されたとはいえまだ1.5年かかる資格は働きながらのスタイリストは体力面できついものがありますね。

それでも2017年までと比べるとかなり軽減されているのでダブルライセンスの取得者はこれから増える傾向にあるといえます。

 

 

 

 

 

理容室美容室の兼業可能で規制緩和

今まで理容師と美容師の従業員が一緒に働くことが出来なかった法律が2016年4月の法改正で規制緩和になりました。

その内容はすべての従業員(アシスタントやスタイリスト)が全員理容師免許と美容師免許、ようはダブルライセンス取得者となれば、そのお店は理容室、美容室両方の登録が出来、理容師美容師のできる仕事全部やってイイですよーって法律です。

 

兼業は今まで業界の中でも言われていたことで、ようやく少し法律がゆるくなりました。

でも実際はスタッフ全員ダブルライセンス取得者っていうのはハードル高め(涙)。

ユニセックスサロンで男性も女性もサービスを提供するヘアーサロンではこの兼業規制緩和、いいニュースです。

10/2