理容師の給料

money.jpg

理容師の給料・年収

理容師の給料は勤務年数や技術レベルでだいぶ差があります。スタイリストのなってもお店の評価基準が違いバラバラです。雇用体系にも差があるので固定給やインセンティブ(出来高)など、様々です。

理容師の平均年収は250万円から360万円とされています。

理容師の月給でいうと16万円から30万円と幅がありますが異業種と比べるとどうしても低く見えてしまいます。

特にアシスタント、見習いの期間は給料が低くなりがちです。月給でいうと14万円ぐらいはざらにあります。

岩澤の一年目の給料は年収で170万円ぐらい、月給は14万円でした。このじきの練習では練習マネキン、ウィッグもたくさん使用していたので親に借金をしていたのは恥ずかしい話です(笑)。

でもそのアシスタント見習い理容師の時期にどれだけ努力が出来るかでその後のスタイリスト時の給料が違ってきます。

正直どの理容室もアシスタント時代の給料はあまり差がないように思います。それよりもスタイリストや店長など、実績を積んでたくさんのお客様を担当した時の給料体系をしっかり判断して就職、転職、サロン体験をした方が20代や30代の理容師になった時の給料が変わります。

アシスタント時代の給料や月給などの不安があるときは専門学校などの体験入学やオープンキャンパスなどの時に実際に先生などに理容室の実情を聞くのが一番です。知り合いや親せきに先輩理容師がいたらたくさん理容師の仕事や給料、年収、など聞けることをたくさん聞いて不安を取り除くのが不安なく働ける一歩です。

 

たくさんのお客様をリピートして収入アップする

理容師という技術職は自分自身の技術スキルを磨きお客様の満足度、信頼度を上げて、何度もサロンに足を運んでもらう事で周囲の評価を高めていきます。売り上げを上げることで給料が上がりたくさんの報酬をいただき高収入になれる仕事です。

理容師で高収入になると給料という報酬だけではなく、お客様から感謝される仕事というメリットも感じることが出来ます。

髪を切るときは人生の節目の時もあります。結婚式や就職活動、子供の七五三などそのお客様の人生に寄り添う仕事として髪に携われることで自分の仕事に誇りを持つことも出来ます。そして満足していただき料金をいただく。結果、働いた報酬として給料をいただく、いい循環となります。

たくさんのお客様を満足できる技術が身につくと、自分の理容室を持つ、独立の道も見えてきます。理容師になると一度は見る独立という夢も、努力と信頼、実績が伴うと夢ではなく現実になりオーナー理容師になれるのです。

 

 

理容師(床屋)の給料は安い?低い?

理容師の給料を検索すると「安い」「低い」と出てきます。理容師のアシスタント時代の給料は正直安いと思います。しかも見習いの期間は練習道具や洋服などいろいろお金を使う事が多く貯金できませんでした。ただ技術のスキルアップをしていくと技能給などがあがり年々給料が上がり年収も増えていきます。

理容師の店長になると年収はかなり上がります。

その理容室の店長になると店長手当などサロンを取り仕切る仕事になってくるのでお店の教育やレジお金関係、スタッフ同士の人間関係などサロンで起きる問題に対処しなければなりませんが、オーナーに任された店長としてやりがいがある役職であることはもちろんその対価として給料という高い報酬をもらうことが出来ます。

ただ理容師の店長になると理容室の集客の部分を考えていかなければなりません。見習いやスタイリストの時はご来店したお客様を満足させるため技術を磨いて接客をしていればよかったのですが、理容室の店長となると、お店全体の集客を考え、行動をしないと繁盛する理容室は続けられません。

店長として任された理容室を繁盛させて初めて高収入な年収、月収をもらえることが出来るのです。

 

 

給料が低く理容師から他の業種に転職するスタッフもいます

正直、アシスタント時代の安い給料の時にやりがいをもってスタイリストまで頑張るか否かで転職率が変わってきます。

理容師から転職するのは圧倒的にアシスタントが多いんです。

「辞めたいです」

と後輩に相談されたこともたくさんあります。

 

理想と現実ではないですが、実際サロンで働いてみると下積みの見習い理容師の時代は大変です。

給料と残業などの関係です。

転職先は営業職が多いです。サービス業で培った接客力で営業に向いている人が多いんです。

個人的には転職する後輩などを見るのは残念でしたがその分自分は頑張ろうと思っていました。

 

 

 

理容師のやりがいはお客様に喜んでもらえること

理容師としてのやりがいはお客様の満足を一緒に体験できることです。

仕上がりを見て

「注文通りで嬉しいです」

「シャンプーが気持ちよかったよ!」

「希望以上のカラーの色で満足です」

「ヘッドスパ気持ちよくって眠っちゃった」

「イメージが変わって明日学校に行くのが楽しみ」

「マッサージ最高だったよ」

など、ダイレクトに感想を聞くことが出来るのが一番のやりがいです。

サービス業で接客業の良さはここにあります。

そのために日々自分の技術を学びお客様に提供し喜ばれるというモチベーションが理容師の醍醐味です。

 

技術を習得していくこともやりがいがあります。

出来なかったシャンプーやカット、パーマや顔そりなど上達していくことがレベルアップにもつながり、給料も上がりますので楽しみでもあります。

もちろん練習は楽なものではないので、キツイし、厳しいときもありますが、接客するお客様の笑顔に支えられて理容師は仕事をしているのです。

 

やりがいを見出す性格も重要な理容師の要素

見習いの期間があるのでそのアシスタントの時に小さなやりがいでもいいので見つけて続けている理容師が最後に上手くなり成功しています。

誰がやっても辞めたいと一度は思う理容師の一年目、歯を食いしばって将来性にかけるのが一番の解決策です。

岩澤の理容師一年目の仕事のやりがいはどんなお客様でも絶対に

「シャンプー顔そり気持ちよかった」

と言わせることでした。

理容師の一年目はシャンプーと掃除が仕事です。

シャンプーとマッサージが一年目の接客できる唯一の時間だったのです。

その時間に全力シャンプーで名前を覚えてもらって次回もシャンプー指名をもらえるように頑張っていました。

理容師のシャンプーはダイレクトに上手い、下手が出る技術なので、先輩に負けない気持ちいいシャンプーを提供するのが理容師の一日の中でのやりがいでした。

 

 

 

 

理容師で年収1000万円

理容師で年収1000万円も夢ではありません。

その理由はお客様のご来店してもらった分だけ報酬として給料、年収が上がるからです。

しかし、雇われての理容師では年収1000万円の壁はなかなか越えられないでしょう。

理容師で年収1000万円を稼ぐにはやはり独立して、オーナー理容師になって仕事をするとより稼げるようになります。

仕事内容もタイトになり忙しくなりますが、やるがいのある1000万円の夢は一度は超えてみたいものです。

 

理容師での給料年収1000万円はいちスタイリストでは難しい道です。

やはり理容師兼独立オーナー経営者としてのプレーヤーでなければ目指す年収1000万円は越えられないと思います。

もし雇われの理容師として高収入を得たいと思うなら都内のカット8000円以上の高級な理容室(床屋さん)に就職しなければ実現できません。

高級なサロンでは求められる仕事内容も高い技術が求められ、接客するお客様も高い年収の方が多くなり目の肥えた人が多くなります。必然と自分のスキルが高くないと高い給料はもらえません。

理容業界でも高い料金をいただく高級理容室が出てきています。

メンズバーバーサロンが流行りでホテルにテナントとして入っている高級理容室などは出来高で給料も良く年収や給料面も業界内でも高水準です。

特に男性の30代以降の理容室の利用度が増えてきています。

 

「20代は美容室でよかったが30代になると美容室でゆっくり出来ないし、リラックスできないよ」

「顔そりが男性のリラックスの象徴でしょ」

など30代、40代の男性になると、美容室の女性の多いサロン環境はリラックスを求めている男性(メンズ)のニーズを満たしていないことから、少し高くてもゆっくりできる理容室を利用する男性が30代以降とても増えるんです。

そこのニーズをよんだ高級な理容室の経営者はとても賢く、理容師の給料水準を上げる要因となります。

 

 

 

 

理容師が稼ぐためには独立も視野に入れて

理容師として稼ぐためには独立も一つのアイデアです。独立は事前の準備がとても大切です。仕事内容であるカットや顔そりの技術はもちろん、集客や資金調達などしっかりと男性のマーケティングをしてニーズをつかんでいる稼げる理容室をつくらなければなりません。

準備資金は小さくでたくさん高収入になってからお店を大きくするので構わないと思います。

独立のメリットはカットした売り上げは自分の給料になりますが、デメリットととして事前の運転資金、設備投資のために最初にたくさんのお金がかかるという所です。

 

独立後の理容師の年収は400万円から1000万円になります。

スタッフを雇うようになったり、夫婦で働いたりとサロンの営業形態によりますが、稼いだ分を自分の給料として取れるのが独立した理容師と雇われている理容師の違いです。

正直稼げるのはオープンしてから2年目だと思います(体験談)

初期投資が多い分返済にかかるお金もあるのでなかなか最初は給料、年収は上がりません。

 

 

理容師の独立後は自営業になります。経営をしていかなければなりません

個人事業主として働いていると確定申告など給料の発生しない仕事も増えます。トラブルなども自分で解決していかなければなりません。カットなどの仕事以外に学ぶことも多くなりますが、税金対策も独立理容師の年収を確保する立派な仕事です。

独立のタイミングは独立資金のめどが立った時でイイと思います。

資金がたまるころには自分の技術も経験値もあり、沢山のお客様を満足させることが出来るからです。

30代の独立がとても多いですが、事前の準備をしっかりして稼げるサロンと技術を身に着けるのが最優先です。

 

最近はフリーランスの独立(個人事業主)が増えています。

面貸しサロンなどもどこにも属せず一人で稼ぐ理容師が時代とともに増えています。

サロンの独立資金の初期投資がない分、リスクが少なく簡単に稼げるようになります。(たくさんの顧客がいることが条件ですが)

 

 

 

 

 

 

ちなみに岩澤の雇われ理容師時代の最高年収は360万円でした。

30才の時の年収が360万円だったんです。

理容業界の事もちょっとわかってきたときだったので一般企業からすると給料は安い印象ですが、業界内では真ん中かなという感じです。

20才の理容免許取りたての初任給が14万円の時から比べたら

「倍になってラッキー!!!」

「カットも出来るスタイリストになって経験値が一番の財産だ!!」

なんて考えていました。

でも勤めていたところは社会保険に入っているわけではなかったので、将来の不安もありました。

理容美容業界が分かればわかるほど稼げない、稼ぎにくい業界なんだなとしみじみ感じます。

業界にいるとこの月収30万円でも満足してしまうのは理容業界に長くいるからでしょうか?

 

 

理容師の一番低い手取りは9万円を体験しました。理容師見習いの給料の時です。

税金(所得税)や天引きなどで引かれた後の手取りですが10万円いかないアシスタント時代はきつかったです。

でも他の職業に転職するという気持ちはなく、理容というやりがいのある仕事で高収入を目指している時でした。

先輩や後輩の給料はわかりませんでしたが、日々の忙しさに比較している余裕はなく、日々をこなしていくのでいっぱいいっぱいでした。

 

 

 

 

休日もカットモデル探しや練習などで忙しかったですが確実に上手くなっていく技術に将来性を見出していた時期です。

スタイリストになってからは上がる給料が楽しみでした。

売り上げのインセンティブや商品販売のインセンティブで給料とやりがいの両方を満足していくのはカットが出来る一人前の理容師になってからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の旦那さんが理容師だったら

結婚する旦那さんが理容師だったら給料はどうなるのか?って気になりませんか。

ネットでも理容師 旦那 給料 のワードが出るぐらい理容師の旦那さんの給料体系は気になる所。

「将来稼げるか心配」

「雇用体系や待遇は理容室によってだいぶ違うし転職などはキツイ?難しい?」

など心配の部分で検索しているのが分かります。

旦那さんの手取りや月給はその理容師さんの仕事具合によります。

独身でも月収100万円稼ぐスタイリストもいるでしょうし妻子持ちでも手取り30万円の理容師もいるでしょう。

理容師の旦那さんを持った奥さんはその後に理容師の資格を取得する人も周りに多くいました。

30代や40代でもがんばれば理容師の免許は取得可能ですし、ハードルも低くなっているので旦那さんの給料を手助けする意味でも夫婦で理容室やサロン経営が多いのはそういう理由です。

特にカットは旦那さんがしてシャンプーやシェービングを奥様が担当するようなサロンが多いのが印象です。

女性の理容師のニーズはとてもあるんですけどね。

 

どうしても女性の理容師の割合が少ないので求める人材とすると女性理容師の価値はとても高いと思います。

ただ、そこに給料が反映されていないのが理容業界のデメリットです。

女性は離職率などリスクもあるので何とも言えませんが、今後理容業界はいちど子育てなどで仕事を離れた休職中の女性理容師の活躍を待っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理容師の給料は季節でも変動する

理容師として働くと毎月給料は変動します。

それは季節変動率と言って月ごとにご来店するお客様の人数が変わり、理容室の売り上げも変わるからです。

一番給料の高い月は12月。

理容室(床屋)は12月が一番忙しく、お客様もたくさんご来店します。その歩合インセンティブがあるので12月の給料が一番高く、一番疲れるのが年末です。

一番給料の低い月は2月です。

理容室(床屋)は1月と2月が一番ヒマです…。なので給料も低いですw

年末の波で髪を切ってしまったお客様の次回ご来店は3月なんてこともあり1月と2月は谷間になってしまうのが現状です。

でもこの忙しい山と谷の浮き沈みは年々なだらかになっています。

働き方改革ではありませんが会社もフレックスで多様化している仕事でお客様の動向が集中傾向なのが分散しているのは働いていて感じます。

 

 

 

 

理容師のボーナス

理容師のボーナス支給はほとんど聞いたことがありません。

よほど大手の理容室でなければ理容師のボーナス賞与はないといっていいでしょう。

岩澤も11年雇われで理容師をしましたが、ボーナスは一度もありませんでした。

理容師仲間に聞いても

「ボーナスもらえると嬉しいよね…」

「大手の理容室でないと個人経営の理容室はボーナスなしが当たり前でしょ、寂しいけど」

とボーナス自体が珍しい印象です。

あまり景気に左右されない職業と言われている理容室は、会社の景気がいいから社員の還元の意味でのボーナスがないというのもわかります。

安定している経営と基本給に組み込まれている給与体系のおおい理容師の業界ではボーナスをあてにしないほうが賢明かもしれません。

ボーナスをもらえる理容室を経営していきたいです。

 

 

 

 

理容師の正社員、パート、アルバイト

理容師の雇用体系はほぼ正社員です。

理容師の働き方は一日サロンで働きます。理容師の免許を取得して理容室に就職するのですが、その場合は正社員としてサロンに入店します。一日の営業の中で練習や接客を通して技術のスキルアップを図ります。新卒の新米理容師でパートからスタートなどは聞いたことがありません。

正社員といっても理容師の見習いの場合、まだまだ師弟関係の意味合いが強く、アシスタント時代は給料も少なく、正社員というより弟子というような感じです。

朝早くから夜は練習と勤務時間や拘束時間も多く、早く上手になってお客様に入店してカットをしたいと思うのが見習い時代です。

正社員でも見習いとスタイリストではだいぶ給料に開きがあります。

カットをして、沢山売り上げてなんぼの世界なんです。

 

 

 

理容師のパート

理容師のパートは主に理容師の免許を取得して一度理容師の仕事を離れた人が再雇用でなる場合が多いです。特に女性理容師が多いのですが、結婚して子育てのために一度理容師を離職してママとして子育てに集中する。

子供が大きくなって手が離れたからもう一度理容師をパートで勤めるといった流れが多いです。ブランクがあっても理容師などの手に職をつけている仕事は復帰しやすく安定した時給が得られやすいのがメリットです。パートの雇用体系をつくる理容室は大手のサロンが多いですが、潜在的なブランク理容師は多いのでこれから働き方改革でママ理容師などの活躍は増えていくことと思います。

共働きが多くなってきている今の日本社会では、理容師免許を持っていてブランクのある理容師はチャンスだと思います。

理容の仕事は理容師しかできないので、資格を持っていれば、再就職も出来、しかもパートの給料も一般の免許も何もないアルバイトと違い時給がいいからです。

特に理容師の高齢化が進んでいてマーケット的にもニーズのあるメンズカットは理容師パートの働きやすい環境が整っているといえます。

実際メリーフヘアーも求人をしていますが、パートの女性理容師の問い合わせが30%ほどあるぐらい潜在的な理容師がいるのです。

子育て世代の忙しさの中での接客は大変でキツイ所もありますが、やりがいのある理容師の仕事を一度体験するとまた、子育てがひと段落したときに資格を生かして働きたいと思う女性理容師も多くいるのが現状です。

 

 

 

 

 

理容師のアルバイト

理容師のアルバイトは主に理容専門学生が多いです。理容師になる前の専門学生が入りたい理容室へ土日だけアルバイトととして働くケースが多いです。理容室のオーナー側も土日の忙しい時間にアルバイトとして働いてもらうのはメリットが多く歓迎されます。4月から就職するスタッフがアルバイトとして土日働いてくれると技術のレベルアップも早く、学生も店長もオーナーもみんなにメリットのある話です。

高校生のアルバイトを雇う理容室もありますが、無免許の状態でお客様に触れる仕事は出来ないので、下回りなどの仕事に限定されますが、将来理容師として働きたいという高校生は床屋のアルバイトを探してもイイと思います。

1/15